カプ・コケコ(カプコケコ)/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

カプ・コケコ(カプコケコ)/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集


型考察 節を編集

両刀型 節を編集

特性:エレキメイカー
性格:むじゃき
努力値:S252 AC調整
持ち物:きあいのタスキ/シュカのみ/いのちのたま/カプZ/ヒコウZ
確定技:かみなりor10まんボルト/マジカルシャイン
選択攻撃技:ブレイブバード/ボルトチェンジ/くさむすび/めざめるパワー/しぜんのいかり(カプZの場合)
選択補助技:ちょうはつ/オウムがえし

A種族値115を活かす型だが、物理フェアリー技のじゃれつくが無いためCSベースの運用となる。
主力の電気を半減する草に刺さるブレバは有力候補。

B振りめいそう型 節を編集

特性:エレキメイカー
性格:ずぶとい、おくびょう
努力値:HBS調整
持ち物:エレキシード/たべのこし/オボンのみ
確定技:10まんボルト/めいそう/はねやすめ
選択技:マジカルシャイン/めざめるパワー

電/妖の優秀な物理耐性を活かし起点とし、C振りでも微妙に足りない確定数や特殊耐久を瞑想で補う。
エレキシードはエレキフィールド時に一度だけ防御を一段階上昇させるアイテム、コケコにとっては自動発動になる。

先発自然の怒り型 節を編集

性格:おくびょう/ようき
努力値:HS252
持ち物:レッドカード/カプZ
確定技:しぜんのいかり/ちょうはつ
選択技:ワイルドボルトor10まんボルトorほうでん/くさむすび/ブレイブバード

問題提起から何もレスポンスがなかったためノートに移動。
カプ・コケコはクロバットやオンバーンとは違い一致技の火力が十分高いため、奇をてらって定数ダメージ技に特化する必要がないのではと思われる。

以下はページにあった考察


先発に繰り出し自然の怒りで一貫的に敵を削り、相手に展開をさせずに後続による全抜きを助ける型。
レッドカード前歯型のクロバットと違い、削り技が霊にも有効で、エレキフィールドによる催眠対策ができ、見せ合い時~先発で出した時点でも型が読まれない、一致技の威力が高いなどの優位性がある。

先制自然の怒り→相手からの攻撃を耐えてレッドカードで強制後退させる→2匹目に自然の怒り という運用で相手2匹のHPを半分削る状態を目指す。
相手が攻撃せず積み技を使うことを読んだら挑発で止め、強制的に攻撃させる。
レッドカード発動後先発に交換で戻してきた場合、交代時の2発目の自然の怒りで3/4HP削れた相手を攻撃技で倒し、2匹目に自然の怒りを入れる。
最も対面しやすいカバルドンを突破できる草結びは優先度が高い。

この型ってほんとに実際に使った上での考察なの?
PGLを見てもレッドカードは10位に入ってない。
型作成者か、実際に使った経験のある人は使用感をお願いします。


タグ: ノート