ガブリアス - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ガブリアス

No.445 タイプ:ドラゴン/じめん
通常特性:すながくれ(天気が「すなあらし」の時、回避率が1.25倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
隠れ特性:さめはだ(接触技を受けると相手に最大HPの8分の1のダメージを与える)
体重  :95.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)

・メガガブリアス
タイプ:ドラゴン/じめん
特性 :すなのちから(天気が「すなあらし」の時、じめん、いわ、はがねタイプの技の威力が1.3倍になる
           すなあらしのダメージを受けない)
体重 :95.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
地面物理HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ガブリアス108130958085102600すながくれ/さめはだ
メガガブリアス1081701151209592700すなのちから
フライゴン80100808080100520ふゆう
ランドロス(化身)891259011580101600すなのちから/ちからずく
ランドロス(霊獣)89145901058091600いかく

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/どく/いわ
いまひとつ(1/4)---
こうかなしでんき

ドラゴン×じめん」複合タイプを持つ600族ポケモン。
攻撃をはじめ全ての種族値が高水準で、高速・高火力アタッカーでありながら耐久力も併せ持つという非常にハイスペックなポケモンである。
無駄のない種族値配分、強力かつ補完に優れる一致技の性能ゆえ、初登場以降あらゆる世代・場面で活躍してきたスタンダードの代表格。

第七世代においては直接的な弱体化こそ受けていないものの、下記のように間接的にマイナスとなる要素が多い。

ドラゴン×じめんの一貫性が低下
強力なフェアリーの台頭により、最大打点であるげきりんが非常に撃ちにくくなった。
以前のガブリアスは、「高火力のドラゴン技を軸に、それを補完するじめん技を一致で使えるアタッカー」としての自己完結性が評価されていたが、今はむしろ、じめん技を軸に、リスク覚悟でドラゴン技を使うこともあるアタッカー」として主客が覆っている。
ドラゴン技の重要性が低下した以上、現在のガブリアスに期待される役割は他のじめんタイプでも担えるのが正直なところ。
単純なアタッカーとしても、「高火力一致技を使う際のリスクが高い」という問題は無視できない課題である。
第6世代ではフェアリーに隙を見せるリスクを天秤にかけてもげきりんによる瞬間火力を重要視されていたが、単純な高火力であれば新要素のZワザで誰でも出せるようになったこともあり、メリットに対して大きすぎるリスクが顕在化した。
環境の素早さラインの変化
かつてのガブリアスは、102という素早さ種族値の特異点を評価されていた。
直近の第6世代では、トップメタであるメガガルーラに確実に先手を取れるという強みに加え、メガボーマンダメガメタグロスにも相手がメガシンカするターンには先手で一致抜群が使えるという優位性があった。
しかし第7世代では、メガシンカの初速変更・サイコフィールド登場による先制技の弱体化などを受け、環境に求められる素早さの水準が激変した。
有り体に言えば、速いポケモンはより速く、そうでないポケモンは最速を諦めるケースが大幅に増加し、こだわりスカーフゲッコウガのような異様に速いポケモンが出現する一方、ランキング上位の100族・101族は素早さに性格補正をかけない個体が主流となった。[1]
これまで睨みを効かせていた100族近辺の過疎化により、絶妙な素早さは大きな評価点と呼べなくなっている。
「さめはだ」の発動機会の減少
使用されるポケモン層の変化・一部の専用Z以外は非接触であるZワザの登場に伴い、特性さめはだが活躍しづらくなった。
お互いが同時に倒れた場合の判定で、さめはだ側が負けになった弱体化点もある。

また、ガブリアスではでんき枠最メジャーのカプ・コケコに上から一致弱点を突かれるため、でんきの一貫切り枠としての信頼性も大きく低下した。
これらの理由から、じめん枠として霊獣ランドロスカバルドンに席を奪われるシーンが目立つようになっている。

もっとも、依然としてスペックの高さは揺るぎなく、後出しの安定するポケモンは限られる。
特にS100以上かつほのおに耐性を持つためリザードンに無理なく睨みを利かせられるのはランドロスにはない長所となる。
また、ランドロスとは違いどくはがねほのお技のサブウェポン[2]を採用しやすい点はガブリアスの長所。
「つるぎのまい」からの「ほのおのキバ」でHB特化ナットレイも高乱数で一撃にできる。
新要素であるZワザとの相性も非常によく、メインウェポンのデメリット解消やサブウェポンの威力底上げによる苦手なポケモンへの奇襲が可能になった。
手放しでの採用は難しくなったものの、依然として高い対面性能を活かした活躍は望めると言える。


現状に即していない記述はノートに移動させました。

過去の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



形態考察

通常ガブリアス

102ある素早さによりリザードンメガガルーラをはじめとする100族付近の激戦区、101族の霊獣ボルトロスを抜けることが強み。
ただし概要部の通り環境の変化により絶対的な強みではなくなってきているのも事実。

すながくれ
砂嵐中に回避率が上がる。
効果は悪くないが、すなあらし状態でしか活かせない。
現実的な確率で戦術に組み込むには試行回数が必要だが、5ターンまたは8ターンの間しか効果を得られず、運の要素が大きすぎる。
基本は確実性のあるさめはだが優先される。
さめはだ
隠れ特性。接触した相手に1/8のスリップダメージを与える。
タスキ潰しに使える他、物理との対面性能を確保できる。
すなあらしではなくても常時活かせる。
基本的にこちらを推奨。

メガガブリアス

通常ガブリアスを基準とした火力を耐える耐久、上がったCを活かした両刀による崩しなど独自の運用ができる。
通常ガブリアスと違い、高い火力と耐久を活かしてのサイクル戦に向いている。
Sが下がるため環境での採用例は少ないものの、通常型にはない強みがある。
第七世代ではメガシンカターンからメガシンカ後の素早さを参照するため、特にS振り型の場合は注意。

すなのちから
じめんタイプの一致技の他、補完に優れたいわ技が強化される。場をすなあらし状態にする手間を考えると割に合わない気もするが、他の特性は無い。
メガシンカ前の特性について
メガシンカ前提の場合は交代で出てきた際も考え、接触技を撃ってきた相手にダメージを与えられるさめはだが推奨される。
すなあらし状態にする前提ならすながくれも一考。

技考察

攻撃技タイプ威力命中効果解説
じしん100(150)100-タイプ一致技。高威力・広範囲。ダブルでは周囲全体攻撃。
げきりん120(180)100行動固定タイプ一致技。行動固定が痛い。フェアリーに起点化される恐れも。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。命中安定。
いわなだれ7590怯み30%S振りやこだわりスカーフなら怯みを狙える。ダブルでは相手全体攻撃。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対虫・飛行。地面定番のサブウェポン。
ほのおのキバ6595火傷10%
怯み10%
炎4倍の鋼や鋼/飛行への打点。
どくづき80100毒30%対草・フェアリー。2倍では等倍じしんと大差無い。
ダブルなら単体2倍どくづき>複数等倍じしん
アイアンヘッド80100怯み30%対フェアリー。S振りやこだわりスカーフなら怯みを狙える。
じだんだ75(112)
150(225)
100条件付2倍タイプ一致技。主にダブルでの単体攻撃用に。グラスフィールド下で半減されない。
ドラゴンダイブなどの技が外れたり無効にされた後には高火力。
ドラゴンクロー80(120)100-タイプ一致技。デメリットは無いが威力不足。基本的にはげきりんが使いづらいダブル用。
変化技タイプ命中備考
つるぎのまい-攻撃を強化。きあいのタスキやドラゴンZ、みがわりとあわせて。
ステルスロック-サポート用。がんせきふうじやほえるとあわせて。
ほえる-起点回避技。ステルスロックと合わせたコンボにも。
みがわり-補助技対策。

採用率の低い技

攻撃技タイプ威力命中効果解説
ダブルチョップ40(60)*290-タイプ一致技。命中不安だが、きあいのタスキやみがわりに強い。
この技でタスキまで到達することは稀。
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。物理受け対策。連発は効かない。
アイアンテール10075防御↓30%高威力・命中不安。Zクリスタルとあわせて。
だいもんじ11085火傷10%ナットレイへの非接触と特防の低いエアームド意識。
かえんほうしゃ90100火傷10%命中率・PP安定だが、威力が低いため採用率は低め。
なげつける10~130100持ち物による主にでんきだまを投げつける起点作り型で採用。麻痺無効の電気は呼びづらい。
変化技タイプ命中備考
こらえる-さめはだやゴツゴツメットと合わせて。レートでは使用不可。
さめはだと両立するにはPDW産が必須
どくどく90耐久型対策。積んでも突破できない相手に。
ほのお技について
鋼/飛行のテッカグヤエアームド、草/鋼のナットレイカミツルギ、および虫/鋼を意識した技。
過去の環境においてはエアームド・ナットレイに有効なだいもんじが優先されることが多かった。
第七世代では技スペの不足と、下降補正だいもんじでは確二にもできないテッカグヤの登場でだいもんじはほとんど採用されなくなった。
一方ほのおのキバの採用は一定数存在する。つるぎのまい後のほのおのキバでHB特化テッカグヤを確二、HB特化ナットレイを高乱一となり、積んだあとに鋼に受けられる事態を阻止できる。
 
つるぎのまい+ほのおのキバ以外では、たとえホノオZやこだわりハチマキだとしても役割破壊したい仮想敵には火力不足。
H252メガハッサムやH4カミツルギなら素のほのおのキバでも相手できなくもないが、この2匹はガブリアスで相手する必要は薄い。
 
つるぎのまいを採用しない場合の炎技は、メガハッサム、カミツルギ、エアームド、ナットレイに十分な打点となるだいもんじが優先させる。
とはいえ他に採用したい技が多いガブリアスにおいてだいもんじを採用したい場面はそう多くなく、PGLでもだいもんじ/かえんほうしゃの採用率は圏外である。

Zワザ考察

Zワザ元にする技威力解説
アルティメットドラゴンバーンげきりん190(285)行動固定のデメリット無し。ダブルでは対象指定可能。
ライジングランドオーバーじしん180(270)グラスフィールド下でも威力低下無し。ダブルでの単体攻撃にも。
ダイナミックフルフレイムだいもんじ185C下降補正無振りでもH振りナットレイを確1。
ほのおのキバ120無補正A振り+つるぎのまいでB特化エアームドを中乱1。
アシッドポイズンデリートどくづき160無補正A振りでH振りトゲキッスを確1。
ちょうぜつらせんれんげきアイアンテール180必中。無補正A振りでB特化ピクシーを低乱1。
ワールズエンドフォールストーンエッジ180必中。通常エッジ+ZエッジでB特化サンダーを倒せる。
いわなだれ140ダブルで単体攻撃とのスイッチ目的に。
スーパーアクアトルネードアクアテール175つるぎのまいとあわせて、物理受け地面を役割破壊できる。

型考察

通常ガブリアス

基本アタッカー型

特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:AS252 BorD4
持ち物:きあいのタスキ/ドラゴンZ/ラムのみ
確定技:じしん
選択技:げきりん/がんせきふうじorいわなだれorストーンエッジ/つるぎのまい/ほのおのキバ
優先度低:どくづき/アイアンヘッド/ステルスロック/どくどく/みがわり

一般的なアタッカー型ガブリアス。高い素早さと威力・範囲共に優秀な一致技が武器。
相手にフェアリーがいるならげきりんを撃つタイミングは注意すること。

素早さ100族にはメガリザードンメガガルーラウルガモスをはじめとした強力なポケモンが多く存在し、
ガブリアスがそれらを追い抜けることで倒せるポケモンも多数いることから、よほどのことがない限り性格は素早さ補正をかけたようき安定。

余った努力値4をHPに振ると実数値が8nの184となる。
やどりぎのタネや拘束技などのダメージが最大になってしまい、非効率なのでBかDに振ること。
Bに4振ることで無補正A振りメガルカリオのインファイトが確定耐えとなる。

基本的にこの型に収束する。
優先度低の技は有用性はあるものの、採用するスペースに悩まされる。

第七世代ではガブリアスのタイプ一致技両方に強い耐性を持つカプ・ブルルの登場によりどくづきの需要が増した。
ただし無補正A振りではH振りカプ・ブルルを確1にできない。
また、地面/ドラゴン/岩/毒という技タイプ構成にするとテッカグヤカミツルギナットレイへの有効打がなくなってしまう。

きあいのタスキ
見えている氷技や不意の超火力等倍Zワザに対しての保険をかけられる。
明らかに耐えられないとわかっている攻撃に対しても確実に行動できる点は他の耐久上昇アイテムにはない長所。
この持ち物を持たせる場合は、タイマン性能を高めるがんせきふうじや、102族未満への抜き性能が期待できるつるぎのまいの優先度が高まる。
無補正A振りガブリアスのストーンエッジ耐え調整のボルトロスもがんせきふうじで高乱2、がんせきふうじ→げきりんで確定撃破。ラス1同士などの場面は安定行動にできる。
ドラゴンZ
最大火力のげきりんを飛躍的に使いやすくする。行動不能のデメリットもない。
積まずとも火力指数にして51870を叩き出せる(ようきA252振りの場合)。
これはいじっぱりA252振りメガボーマンダのすてみタックル確定耐え調整を中乱数で一撃にするほど。
つるぎのまい後ならHB特化霊獣ランドロス(いかく込み)も確一。
ラムのみ
汎用アイテム。げきりんの混乱や、相手の状態異常技による機能停止を防げる。
ミストフィールドと異なり、ドラゴン技が妨害されないのが利点。
特に「あくび」にはあくびを使わせるターンと、あくびが「うまくきまらなかった」になるターンの2ターン分アドを取れる。

こだわりスカーフ型

特性:さめはだ
性格:ようきorいじっぱり
努力値:AS252 BorD4/A252 素早さ耐久調整
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:げきりん/じしん
選択技:がんせきふうじorいわなだれorストーンエッジ/ステルスロック/アイアンヘッド/どくづき/だいもんじ/ねごと

素早さ種族値で負けるポケモンとの対面を制する目的で採用するアイテム。
終盤の全抜き性能も高い。火力補強のために性格いじっぱりも選択肢に入る。
Sランク+1の相手を死に出しから処理する場面もあるため、ようきも捨てがたい。
カプ・コケコアーゴヨン等、刺さる相手が多く採用率が伸びているが、それゆえに読まれやすいので注意。

ステルスロックは余裕のある序盤に撃ち逃げする。
使用後は必ず引かなければならないデメリットはあるが、サイクル戦で岩抜群ポケモンの繰り出し回数を制限できるため有用。

起点作り型

特性:さめはだ
性格:ようき(りゅうせいぐんを採用する場合はむじゃき)
努力値:AS252 BorD4(りゅうせいぐんを採用する場合は特攻振り)
持ち物:きあいのタスキ/ヤチェのみ(この場合は耐久調整もあり)/でんきだま
確定技:じしん/ステルスロック/(持ち物がでんきだまの場合)なげつける
選択技:ほえる/がんせきふうじ/げきりん/りゅうせいぐん/だいもんじorかえんほうしゃ

スタンダードな起点作り型。
素早いじめんタイプの起点作りのランドロスグライオンは多少は気に留めておきたい。
その2匹は「ほえる」が使えない。グライオンはA種族値が低く起点作り後の行動が弱め。「なげつける」はどちらも使用可能。
また、ガブリアスにはS種族値の差や役割破壊の特殊炎技・特殊竜技がある。

ヤチェのみは、きあいのタスキと比較すると以下のようなメリット・デメリットがある。

  • ○不一致弱点技でより多くのHPを残せることがあり、追撃の先制技を耐える可能性が上がる。
  • ○ねこだましやステルスロックで潰されない。
  • ×半減実に対応しない弱点技は軽減できない。
  • ×急所や積み技持ち、一致弱点技は半減しても耐えられないことも多い。
 

ガブリアスがトップメタだった環境においては、強力なアタッカー性能を盾に起点作り型への対処をさせづらくしていたが、現環境のガブリアスはアタッカー型の圧力が弱まり、相対的にこの型を使う理由もやや弱体化した。

【ダブル】基本アタッカー型

特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/ゴツゴツメット/ヤチェのみ/こだわりスカーフ/こだわりハチマキ/いのちのたま/ドラゴンZ/ジメンZ/ドクZ
確定技:ドラゴンクローorドラゴンダイブ/じしんorじだんだ
選択技:いわなだれ/ほのおのキバorだいもんじ/まもる/つるぎのまい/どくづき

ダブル用のアタッカーの基本型。

ドラゴン技
ダブルのげきりんは対象がランダムなため、まもるを使った相手やフェアリーに無駄撃ちする危険がある不安定なわざとなる。
よってZクリスタルとの併用や、ドラゴンクローなど威力に劣るが扱いやすいわざが選択されるのが基本。
ドラゴンクロー:威力80・命中100。威力が物足りないが命中安定技。PGL統計よりドラゴン技の中では最も採用率が高い。
ドラゴンダイブ:威力100・命中75。威力は充分。素早いので怯みも狙えるが、命中も相まって運の要素が強く、げきりん同様不安定。
じしん
こちらも味方に当たる・威力が下がるデメリットがあり、ダブルでは使いにくい技。
グラスフィールドやワイドガードにも弱いのも難点。
じだんだ
USUM教え技で新規習得したじめんの単体技。威力はダブル補正時のじしんと同じだが、まもる以外で技が外れたり無効化されて失敗した場合は次の威力が二倍になる。
じしんの弱点を克服しているが、接触技なのは注意。れいじゅうランドロスは覚えないため、差別化になる点の一つ。
いわなだれ
主に飛行ポケモン・浮いてる炎ポケモン対策。
リザードンサンダーなど多くのメジャーポケモンに刺さるため、持っておきたい。
怯みも狙えるが、じしん諸共ワイドガードで凌がれてしまう点に注意。
まもる
こだわりアイテムでなければほぼ確定なダブルの基本技。
ドラゴンZ/ジメンZ
これまでダブルでは、ガブリアスの二大メイン技が扱いづらくなり火力が低下してしまうのが難点だったが、
第七世代ではZクリスタルを用いることで、一度限りだがそれぞれのデメリットを踏み倒して高威力の単体攻撃として使用できる。
Zじしん:威力180/Zげきりん:威力190 Zドラゴンダイブ:威力180 Zドラゴンクロー:威力160

メガガブリアス

多くのメガシンカポケモンとは異なり、デザインされた長所が不明瞭なポケモンである。
合計種族値700のため決して弱くはないのだが、採用価値があるほど強いのかという点は微妙。

基本メガアタッカー型

特性:さめはだ→すなのちから
性格:ようき/いじっぱり
努力値:AS252 B4orD4/攻撃素早さ耐久調整
持ち物:ガブリアスナイト
確定技/選択技:技考察と以下の考察を参照

元々高かったHPに加え、防御と特防が上昇し無振りでもかなりの耐久がある。
積んでいないミミッキュのじゃれつく+かげうちを確定で耐えることができる。
防御下降だと確定耐えではなくなるため両刀にする場合の性格には注意が必要。

特攻も飛躍的に伸びるので特殊技も使いやすい。
C下降補正無振りでもだいもんじでH252メガハッサムを高乱1、C下降補正無振りかえんほうしゃでH252エアームドを確定2(だいもんじでも確定2)。
ドラゴン技も、受けにくるいかく持ちにはりゅうせいぐんの方が通りやすいうえ、げきりんと異なり行動固定のデメリットも無い。

上がった耐久を活かすための調整も視野に入る。
しかし、ドラゴン/じめん複合は耐性が非常に少なく、かといって数値受けできるほどの耐久はない。
あくまで耐久は抜けない相手の攻撃を凌ぐためと割り切り、上から制圧する戦法が向いているだろう。

H140 D12振りで臆病C252眼鏡コケコのマジカルシャインおよびめざ氷を最高乱数以外耐え。

H極振りを強いる耐久調整について

前述の通り、HぶっぱS無振りは、抜かされて等倍を叩き込まれる相手が増えるだけなので非推奨。
以下はH252を基準とした耐久調整に関する考察である。

 

H252振りで持ち物なしA特化マリルリのじゃれつく、無補正A振りガブリアスのげきりん高乱数耐え。
H252D4振りで持ち物なしC特化サーナイトのムーンフォースを確定で耐える。

H215B151(H252B124振り)まで確保すればメガバンギラスのれいとうパンチを確定耐え。
その他、マリルリのじゃれつく+アクアジェットを高乱数耐え、メガハッサムの3舞バレットパンチを中乱数耐え。

がんせきふうじは安定した削りに加え不足しがちな素早さを補填してくれる優秀な技。

準速ミミッキュに抜かされたくない場合は素早さ補正を選択。
種族値では負けているためミミッキュ側がS補正だと抜けない。とはいえミミッキュのS補正は多くないため抜けることも十分ありうる。

火力面はA無補正無振りでもH振りバンギラスをすなのちからじしんで確1、H4振りのメガバンギラスでもA204(無補正108振り)を確保すれば確1になる。
耐久と素早さを両立したいのなら火力の努力値を削ろう。

技考察
つるぎのまい
素早さが下がった代わりに耐久力が上がったため積みやすい。
自身より遅いポケモンには高耐久高火力で蹂躙できる。
ようきA252振りのA+2じしんでHB特化メガヤドランを96.5%の超高乱数二発。
同条件げきりんでHB特化クレセリアを確二。
じしん
攻撃補正A252振りのじしんでH252振りのみのギルガルドを87.5%の高乱数一発。
素早さ補正時A252振りだと37.5%の低乱数。
カバルドンでは特性すなのちからが発動するため致命傷を与えられる。
攻撃補正A252振り時、わんぱく H228 B140 D140のカバルドンを98.8%の超高乱数二発。
だいもんじorかえんほうしゃ
特攻に下降補正を掛けない無振りだいもんじはH252ナットレイを62.5%の中乱数一発。
確一狙いならだいもんじ、確二狙いならかえんほうしゃで。
また、同条件でH252テッカグヤはだいもんじで88.7%の高乱数二発。
2回連続で当てる必要があり、たべのこしややどりぎのタネで確定数をずらされる恐れがあるので注意。
めざめるパワー(氷)
ほぼ霊獣ランドロスピンポイント。
特攻無振りでH252ランドロスの混乱実を発動させることなく確二。
覚えさせておくとランドロスに受けられることに怯えることなく地震を扱うことができる。
りゅうせいぐん
メガボーマンダへの役割破壊技。
メガボーマンダはドラゴンタイプの攻撃技を採用しないことがほとんどで、メガガブリアスの高い防御により飛行技を確実に耐えて反撃できる。
ただし確一にするには特攻に多く努力値を割かなければならない。
参考までにH252メガボーマンダを確一にするには無補正C76振りが必要。
ブレイジングソウルビート前のジャラランガにも刺さる。耐久無振りジャラランガならC無振りでも確一。
げきりん
いかくが入った状態だと、無振りメガボーマンダにすら耐えられてしまう。
使う場合はつるぎのまいと組み合わせてじしん受けを突破する目的で採用したい。

素早さ調整

実数値努力値意味
112無補正S無振り無振り92族
118無補正S44振り4振りミミッキュ抜き
123無補正S80振り12振り100族抜き(12振りサンダー抜き)、準速キノガッサ抜き
135無補正S180振り最速70族抜き
144無補正S252振り準速92族、準速91族抜き(準速霊獣ランドロス抜き)
147S補正S172振り最速ギャラドス抜き
149S補正S188振り最速デンジュモク抜き、準速ミミッキュ抜き
154S補正S220振り準速100族抜き抜き(212振りだと準速100族と同速)
155S補正S228振り最速ドリュウズ抜き
158S補正S252振り最速92族

【ダブル】砂パメガシンカ型

特性:さめはだ推奨→すなのちから
持ち物:ガブリアスナイト

ダブル用の砂パアタッカー。
メガシンカすることですなのちからにより岩・地面・鋼の技が強化される。
微妙な素早さはおいかぜ、でんじは、こごえるかぜ等でサポートしたい。

すなのちからでの火力
じしん:195/だいちのちから:175
いわなだれ:97/ストーンエッジ:130
アイアンヘッド:104/アイアンテール:130
パートナー候補
バンギラスカバルドンギガイアス
すなおこしですなのちからを発動。まもるを覚えさせておくとじしんを防ぐことができる。
ガブリアスを補う技を覚えさせておくとよい。
ふゆうドータクン
特性でじしんを受けない。ガブリアスが苦手なフェアリーこおりに強い。
エアームド
じしんを受けない。ガブリアスが苦手なフェアリーに強い。こおりは怪しいがおいかぜを覚える。

【ダブル】物理型

性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252
確定技:じしん/いわなだれ
攻撃技:ドラゴンクローorドラゴンダイブ/どくづき/アイアンヘッド/だいもんじ
変化技:まもる/すなあらし/ほえる

特性に依存しない型。
高火力のじしん・いわなだれで、相手全体に負荷をかける。
ほえるはトリックルーム対策。

【ダブル】両刀型

性格:むじゃき/うっかりや/ひかえめ/おくびょう
努力値:CS252 B4orA4
確定技:じしんorだいちのちから
攻撃技:りゅうせいぐん/いわなだれorストーンエッジ/どくづき/アイアンヘッド/だいもんじ
変化技:まもる/すなあらし/ほえる

メガシンカによって上がった特攻を活かせる。物理型と比べていかくやおにびの影響も受けにくい。


対ガブリアス

注意すべき点
A130からのタイプ一致げきりん・じしん。高火力かつ相性補完に優れる。
岩・炎などのサブウェポンや、くさ/フェアリー複合対策のどくづきも完備。
持ち物もきあいのタスキやこだわりスカーフ、Zクリスタルなど幅広く受けにくい。
激戦区100族を抜ける素早さを持ち、地面タイプによりでんじは無効。
耐久も高く、4倍弱点の氷技も、役割破壊程度のめざ氷などは調整次第で耐えられる。
速攻アタッカー型が大半だが、ステルスロック撒きやメガシンカも可能。
対策方法
一致技のドラゴン、地面には両方無効タイプが存在する。パーティ構築時点で地面、ドラゴンに一貫性を持たせないようにしておけばよい。
耐性も少なく、後出しもあまり効かないのでほぼ死に出しでしか出られない。
タイマンで勝てるポケモンを複数用意し、釘付けにするのが最善の方法であろう。
相手がつるぎのまいやがんせきふうじを使用してスカーフでないのを確認できたならS102以上のポケモンやスカーフ持ちで弱点を突くか高火力一致技で負担をかけられる。

対策可能なポケモン

きあいのタスキ持ちのパルシェンマンムー
つららばり、こおりのつぶてにより相手がきあいのタスキ、ヤチェのみを持っていようが有利。
特にタスキパルシェンはあらゆる技、持ち物やステータス調整を考慮しても安定して役割を遂行できる。
S102以上の弱点タイプ
具体的には、マニューラゲッコウガメガライボルトライコウボルトロスフェローチェAキュウコンウツロイドメガメタグロスなど。
上から弱点を突く。きあいのタスキ、こだわりスカーフ持ちが多いのでそれを見越して行動するように。不一致氷技の場合はヤチェのみに注意。
こだわりスカーフ持ちのサザンドラオノノクス
スカーフ持ちで先制して弱点を突く。もちろん最速スカーフガブリアスには先手を取られる。
その場合、後続にミミッキュギルガルドなどげきりんを起点にできるポケモンがいると望ましい。
マリルリアシレーヌメガギャラドス
一発耐えて弱点を突く。メガギャラドス以外はどくづきに注意。
クレセリアポリゴン2スイクンヤドランバルジーナカプ・レヒレ
数値で受ける。積みの起点にされないように氷技やイカサマなどは必須。
ただしそれを見越して後出しを許さないいじっぱり+こだわりハチマキもいるので注意。
地面等倍以下のはがね、フェアリータイプ
具体的には、ふうせんヒードランエアームドメガハッサムテッカグヤトゲキッスカプ・ブルルエルフーンなど。
タイプ一致技を半減以下に押さえ込むことで受ける。ガブリアスがこだわりアイテムを持っている場合に非常に有効。
しかしサブウェポンにより役割破壊されやすく、ハッサムエアームドは炎技に、トゲキッスカプ・ブルルエルフーンはどくづきやストーンエッジに要注意。

覚える技

レベルアップ

SM威力命中タイプ分類PP備考
フカマルガバイトガブリアス
--1かみくだく80100あく物理15
-11ダブルチョップ4090ドラゴン物理15
--1ほのおのキバ6595ほのお物理15
111たいあたり40100ノーマル物理35
-11すなかけ-100じめん変化15
-11りゅうのいかり-100ドラゴン特殊10
--1すなあらし--いわ変化10
333すなかけ-100じめん変化15
777りゅうのいかり-100ドラゴン特殊10
131313すなあらし--いわ変化10
151515とっしん9085ノーマル物理20
191919すなじごく3585じめん物理15
--ダブルチョップ4090ドラゴン物理15
252828きりさく70100ノーマル物理20
273333ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
314040あなをほる80100じめん物理10
--かみくだく80100あく物理15
374955ドラゴンダイブ10075ドラゴン物理10

※進化したときに覚える。

過去世代

4th5th/6th威力命中タイプ分類PP備考
フカマルガバイトガブリアスフカマルガバイトガブリアス
--1--1ほのおのキバ6595ほのお物理15
111111たいあたり40100ノーマル物理35
333333すなかけ-100じめん変化15
777777りゅうのいかり-100ドラゴン特殊10
131313131313すなあらし--いわ変化10
151515151515とっしん9085ノーマル物理20
191919191919すなじごく3585じめん物理15
----2424ダブルチョップ4090ドラゴン物理15
252828252828きりさく70100ノーマル物理20
273333273333ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
314040314040あなをほる80100じめん物理10
--48--48かみくだく80100あく物理15
374955374955ドラゴンダイブ10075ドラゴン物理10

技マシン

No.威力命中タイプ分類PP備考
技02ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技35かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技37すなあらし--いわ変化10
技38だいもんじ11085ほのお特殊5
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技54みねうち40100ノーマル物理40
技56なげつける-100あく物理10
技59ぶんまわす60100あく物理20
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技82ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
技84どくづき80100どく物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技94なみのり90100みず特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技28あなをほる80100じめん物理10Lv
技59やきつくす60100ほのお特殊15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第3世代~第4世代
技23アイアンテール10075はがね物理15タマゴ/教え
技58こらえる--ノーマル変化10PDW
技59りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10教え
技76ステルスロック--いわ変化20教え
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05うずしお3585みず特殊15

タマゴ技

4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20
げきりん120100ドラゴン物理10教え
たつまき40100ドラゴン特殊204th教え
こわいかお-100ノーマル変化10
すてみタックル120100ノーマル物理15
あばれる120100ノーマル物理10
メタルクロー5095はがね物理35
すなじごく3585じめん物理15Lv
のしかかり85100ノーマル物理15
アイアンヘッド80100はがね物理15教え
HSマッドショット5595じめん特殊15
ロッククライム9085ノーマル物理20
アイアンテール10075はがね物理15教え

教え技

4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
アイアンヘッド80100はがね物理15タマゴ
アクアテール9090みず物理10
いびき50100ノーマル特殊15
げきりん120100ドラゴン物理15タマゴ
だいちのちから90100じめん特殊10
アイアンテール10075はがね物理15タマゴ
ステルスロック--いわ変化20
ダブルチョップ4090ドラゴン物理15Lv
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
じだんだ75100じめん物理10
とぎすます--ノーマル変化30
どろかけ20100じめん特殊10
スピードスター60-ノーマル特殊20
たつまき40100ドラゴン特殊20タマゴ
HSずつき70100ノーマル物理15
ねごと--ノーマル変化10技88

遺伝

タマゴグループ怪獣/ドラゴン
孵化歩数10240歩
性別♂:♀=1:1
進化条件フカマル(Lv.24)→ガバイト(Lv.48)→ガブリアス
経験値Lv.50 = 156,250
Lv.100 = 1,250,000

遺伝経路

習得方法覚える系統
アイアンテールレベルココドラ(L39)
自力教え技(8BP)
アイアンヘッドレベルココドラ(L29)/タテトプス(L42)
自力教え技(8BP)
あばれるレベルニドキング(L35)/カラカラ(L31)/ギャラドス(L1)/ワニノコ(L41)/ヨーギラス(L28)/チゴラス(L40)
げきりんレベルミニリュウ(L55)/キバゴ(L56)/クリムガン(L62)/モノズ(L62)/ヌメルゴン(L1)/ジジーロン(L53)/ジャラコ(L53)
タマゴヒトカゲ/ヨーギラス
自力教え技(16BP)
こわいかおレベルヒトカゲ(L19)/サイホーン(L19)/ギャラドス(L33)/ワニノコ(L15)/ヨーギラス(L23)/タツベイ(L40)/
ズガイドス(L19)/ズルッグ(L34)/キバゴ(L16)/クリムガン(L13)/モノズ(L52)/ジャラコ(L21)
すてみタックルレベルフシギダネ(L27)/カラカラ(L43)/ココドラ(L50)/タツベイ(L55)/カチコール(L49)
すなじごく自力Lv.19
たつまきレベルキングドラ系統/ギャラドス/カイリュー系統/ミロカロス/ドラミドロ/ジジーロン
のしかかりレベルラプラス(L18)/カビゴン/チコリータ(L34)/トロピウス/
モノズ(L48)/ヌメラ(L32)/クレベース/バクガメス(L33)
マッドショットレベルラグラージ系統
メタルクローレベルボスゴドラ
りゅうのいぶきレベルチルタリス/タツベイ(L31)/モノズ(L17)/ヌメラ(L18)/ジジーロン(L29)
タマゴタッツー/ミニリュウ/ヒンバス
ロッククライムレベルズルッグ(L45)/クリムガン(L49)


[1] シーズン10現在、霊獣ボルトロス、ウルガモス、ガルーラ、サンダーは過半数が素早さ以外に性格補正をかけている。リザードンは素早さに性格補正をかけた個体が約50%となっている。
[2] 霊獣ランドロスでは毒技は特殊技である「ヘドロウェーブ」「ヘドロばくだん」、鋼技は命中不安定の「アイアンテール」しか覚えない。炎技に至ってはめざめるパワーのみ。