ガブリアス/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ガブリアス/ノート



議論・提案スペース

基本型の技候補にアイアンテールの追加を提案。
採用理由はカプ・テテフへの打点。
持ち物補正無しA182でカプ・テテフがちょうど確定1発と、きあいのタスキを持てば対面から打ち負けない。
特にスカーフだった場合、先制技を撃たれないフィールド効果を利用して相手の面子から全抜きできるかまで判断できる。
弱点タイプに突っ張る必要があるかはさておき、技候補への追加自体は十分検討の余地があると思って提案しました。
↑技考察には入れた

メガガブリアスの事ですが努力値A252で残りをHS調整も考慮に入る。ガブリアスがメガシンカすると耐久が上昇し、意外に強力な一致技も耐える。
例えばH188で臆病C252眼鏡コケコのマジカルシャインを1耐え。だが控えめならさすがに無理。
その他の理由はどうせメガガブリアスの素早さが減ってるので、その素早さにあまり期待しすぎてはいけず、素早さの問題を一応解ける岩石封じも覚えるし、それを意識して努力値を調整する意味もあると思う。


型考察

通常ガブリアス

どくどくみがまも型

第7世代では役割対象だったクレセリアが環境から大きく減少、新たな物理ドラゴン受けとしてテッカグヤが幅を利かせている。
毒無効地面等倍のナットレイが増えていることもあり、現環境との噛合いはあまり良いとはいえない

特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:HP16n+1調整 素早252
持ち物:たべのこし
確定技:どくどく/まもる/みがわり/じしん

ガブリアスが呼ぶ物理受けを交代読みからどくどくみがまもで突破する。
ターゲットはクレセリアポリゴン2バルジーナメガヤドラン辺り。
一致じしんによりどくどく無効の鋼や毒タイプを呼びづらい点が噛み合っている。

ゴツゴツメット

メガガルーラの弱体化により、ゴツメガブリアスで対策する意義が薄れた。

確定技:げきりん/じしん
攻撃技:ストーンエッジ/どくづき/ほのおのキバorだいもんじ/りゅうせいぐん
変化技:つるぎのまい

さめはだとゴツゴツメットでメガガルーラを後出しから縛る目的で採用される。
接触技を受けるたびに、相手のHPを1/4以上削れる(1/8+1/6=7/24)。おやこあいは2回攻撃なのでさらにその倍。
性格はメガガルーラに先手を取る必要性からようき。
グロウパンチ+ふいうち耐えなどの耐久調整を施すのもよい。

じゃくてんほけん型

弱点の数が少ないガブリアスと噛み合っていない。
特に氷4倍が痛く、確定耐えするほど耐久に振ると、今度は攻撃や素早さが大幅に犠牲になる。

特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:耐久調整 残りAS
持ち物:じゃくてんほけん
確定技:じしん/げきりん/つるぎのまい
選択技:こらえる

耐久に振ることで相手の弱点技(主にめざめるパワー氷)を耐え、じゃくてんほけんから反撃をしかける。
Aに振らなかった分の火力を補い、同時に爆発力を高めるつるぎのまいはなるべく入れておきたい。

PDW限定技だが、こらえるを覚えていれば努力値AS振りからのさめはだによる削り+じゃくてんほけんという怒涛のコンボが可能。
特性がすながくれでもよいなら第4世代から技マシンで覚えさせて持ってくることもできる。

H252だけで、おくびょうボルトロスのめざパ氷は確2。
H252B92で攻撃特化マリルリのじゃれつくが確2。
H252B148で攻撃特化ローブシンのれいとうパンチ確2。

こだわりハチマキ

現環境では最大火力のげきりんが使いづらく、PGLの採用もかなり低い。

確定技:げきりん/じしん
選択技:ダブルチョップ/ストーンエッジ/どくづき/ほのおのキバ/からげんき/ねごと

後出しで受けづらい火力により相手に負荷をかけていく。
一般的な構成でハチマキじしんを2発耐えられるフェアリータイプはほとんどいない。
基本フルアタになり、火力も上がるので他のドラゴン技、フェアリータイプの弱点を突ける命中安定技を採用しやすい。、
攻撃力を削っての耐久調整も可能。反対にA特化ならハチマキげきりんでB特化クレセリアを高乱2にできる。

耐久調整の例
H189-B116-D106(H44-B4-D4)
防御:A特化カイリュー@こだわりハチマキのしんそくを2耐え。
特防:無補正C振りメガライボルトのめざめるパワー氷を高乱数耐え(D20振りなら確定耐え)。
H191-A166-B124-C90-D106-S169(H60-A124-B68-D4-S252)
攻撃:じしんでH振りギルガルド(シールド)を確1。
防御:A特化ハッサム@こだわりハチマキのバレットパンチ2発、A特化マリルリのはらだいこ+アクアジェットを超高乱数耐え。
特防:C特化トゲキッスのマジカルシャインを最高乱数以外耐え。

ADハチマキ型

前述の通り現環境では鉢巻型そのものが使いづらい。

特性:さめはだ
性格:いじっぱり
努力値:攻撃252 HD調整残り素早さ
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:じしん/げきりん

タイマンでクレセリアに勝つことができるガブリアス。

攻撃面は、補正ありこだわりハチマキのげきりんで防御特化クレセリアを高乱数2発。
耐久面は、C無振りクレセリアのれいとうビーム+ゴツゴツメット2回分のダメージを確定耐え。

ガブリアスを見てからクレセリアが後出しされるようなら、そのまま高確率で潰すことができ、
タイマンになっても1発は確実に耐えるので安定感がある。
ただしSに振っていない分、上からの圧力には弱いので注意。

耐久調製例としてはH60D192振り。準速70族抜き(S4)のためにA244かD188にするなど。

いのちのたま

高速アタッカーと命の珠は相性が良いが、ガブリアスにとってはただ「悪くはない」だけ。
安易に珠を持たせるとスリップダメで逆に短命になってしまう。

火力強化用。素早さを維持しつつメガガブリアス級の火力を繰り出せる。
持ち物無しガブリアスの攻撃を耐える調整のほとんどはいのちのたまなら貫通させられる。

げきりんとは別に性格をむじゃきにしてりゅうせいぐんを採用する事で、
対面したいかくボーマンダや受けに来たクレベースのような高物理耐久のポケモンを突破する事もできる。

ラムのみ

基本アタッカー型と合併。

ヤチェのみ

起点作り型と合併。

ホノオZ

無理矢理ガブリアスで相手にするのは非効率である。

浮いている鋼(特にテッカグヤ)への役割破壊として採用。
無補正A振り・Aランク+2のZほのおのキバでH振りテッカグヤを確1。

とつげきチョッキ

考察は第六世代からあるが、具体的に何を耐えられ誰に有利なのかが全く示されない。
「持ち物枠により犠牲になった火力によって得られるもの」が明らかではないポケモンには突撃チョッキはおすすめできない。

確定数を調整し、特殊氷技を耐える目的で採用する。
火力補強アイテムを持たない特殊の2倍弱点にも強くなれるので、スカーフなどの奇襲全般に強いが、
ヤチェのみなどの半減実と違って火力補強のつるぎのまいが使用できない点がデメリット。

メガガブリアス

以下の3つは基本メガアタッカー型に統合。

S振りつるぎのまい型

一度つるぎのまいを積めれば受けにきたポケモンを崩す事ができるほどの火力を得られる。
素早さが下がった代わりに耐久力が上がったため積みやすい。

通常ガブリアスの状態で先制でつるぎのまいを積み次のターン耐久を上げて攻撃に掛かる、
メガシンカせずに戦うなど相手に合わせて立ち回りを変えていきたい。

上がった耐久を活かすための調整も視野に入る。H振りだけでも無補正A振りガブリアスのげきりんを高乱数耐え。
H215B151(H252B124振り)まで確保すればメガバンギラスのれいとうパンチを確定耐え。
その他、マリルリのじゃれつく+アクアジェットを高乱数耐え、メガハッサムの3舞バレットパンチを中乱数耐え。
いっそ素早さは調整程度に抑えて耐久に振ってみるのもよい。
こちらはA無補正無振りでもH振りバンギラスをすなのちからじしんで確1、H4振りのメガバンギラスでもA204(無補正108振り)を確保すれば確1になる。

特攻も飛躍的に伸びるので特殊技も使いやすい。
C下降補正無振りでもだいもんじでH振りメガハッサムを高乱1。
ドラゴン技も、受けにくるいかく持ちにはりゅうせいぐんの方が通りやすいうえ、げきりんと異なり行動固定のデメリットも無い。
耐久に厚く振ればりゅうせいぐんの撃ち逃げとして使えそうだが、耐性に乏しく、ボーマンダのような優秀な特性もないので実際のところ厳しい。
一応、すなおこしカバルドンバンギラスは物理・特殊受けとして優秀だが相性補完がされているわけではない。

無補正A振りつるぎのまい+げきりんでB特化クレセリアを確2。
同条件のドラゴンダイブも確2だが、ドラゴンクロー・ダブルチョップだと乱数になる。

H振り型

Sを完全に捨て、耐久と火力を両立してメガシンカにより上昇した能力を活かす。
どちらかというとサイクル向け。

H252振りで持ち物なしA特化マリルリのじゃれつく、H252D4振りで持ち物なしC特化サーナイトのムーンフォースを確定で耐える。
ガブリアス対策をする場合、ほとんどようきAS252が想定されるため、最速ガブリアスに縛られるポケモンは逃げることが多く、
Sに振らない物理受けも呼びやすいので、S無振りでも気にならない場面も多い。

ただし終盤の抜き性能などは大きく落ちるため、普通のAS振りガブリアスほどの汎用性はない。

両刀型

潤沢な合計種族値を活かした両刀型。
火力指数そのものはいのちのたま通常ガブリアスと大きな差はないが、珠のスリップダメージがなく耐久種族値も上昇するため別物。
アイアンヘッド採用時は準速ミミッキュを抜ける素早さ補正を推奨。
ちなみに、防御下降ではない性格なら積んでいないミミッキュのじゃれつく+かげうちを確定で耐えることができる。


タグ: ノート