ゲッコウガ/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ゲッコウガ/ノート



議論・提案スペース


型考察

げきりゅう型

タイプ一致技を攻撃技の軸にするとへんげんじざいの優先度が下がりげきりゅうの優先度が上がることに伴い採用が検討される。

きあいのタスキ型

特性:げきりゅう
性格:おくびょう
努力値:CS252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:みずしゅりけん/ハイドロポンプorなみのりorねっとう
優先技:あくのはどう
選択技:れいとうビームorこごえるかぜ/くさむすび/とんぼがえり/どくどく/ちょうはつ

きあいのタスキで耐えてげきりゅうを発動させる。
技は 水技/悪技/みずしゅりけん まではほぼ確定。
相手の先制攻撃技圏内という散り際に放つみずしゅりけんの蓄積性能が高く、相手数値受けを一致技で崩せる芽がある。
範囲を広げる技を採用するならへんげんじざい優先のため、4枠目の技の候補は限られる。
第七世代ではみずしゅりけんの特殊化で単純な数字上の火力は強化された他、あくタイプのいたずらごころ無効を常時受けられるというメリットが増えた。

型サンプル

技構成:ねっとう/れいとうビーム/みずしゅりけん/ちょうはつ
持ち物:きあいのタスキ

(6世代の頃の使用感です)
対面構築の先発。へんげんじざいによる高威力広範囲の恩恵で、有利対面でも相手に交代されにくいという特徴があり、対面構築に向いている。
加えてそれでも呼ぶ数値受けに対しごまかし技のねっとうが刺さる。

ちょうはつで展開阻止できるのはもちろん、バシャーモガブリアスヒードランなどの有利対面ならそのまま突破が見込め、
ポリゴン2ウォッシュロトムナットレイなどの不利対面でもねっとうによる火傷が狙え、散り際にはげきりゅう補正技で蓄積ダメージを与え
後続の圏内に入れやすい。対応範囲が広がるので、水無効の相手がいない限り臆せず先発に出せる。
タスキ耐え突破の後、死に出ししてきたマンムーファイアロー・バシャーモをげきりゅうみずしゅりけんで蓄積どころかそのまま突破することもある。
4枠目にれいとうビームを入れたが、へんげんじざいではなくてもガブリアス・ボーマンダに遂行するには問題なし。
霊獣ランドロスはスカーフとんぼがえりがあるのでねっとう、ボルトロスはHBオボンでもれいとうビーム+げきりゅうねっとう+げきりゅうみずしゅりけんで高乱数撃破なので、
へんげんじざいより劣るのは対サンダーサザンドラ程度。なので特性は蓄積増を見込めるげきりゅうの方が対面構築と噛み合っている。
げきりゅうの地味な恩恵としてエスパー無効でねっとうを放てるため、クレセリア相手にねっとうの試行回数を稼げたりする。

みがわり軸型

特性:げきりゅう
性格:おくびょう
努力値:H4n調整 残りCS 
持ち物:ヤタピのみ/ミズZ
確定技:みずしゅりけん/みがわり/ハイドロポンプorなみのりorハイドロカノン
選択技:あくのはどう/れいとうビーム/くさむすび

みがわり+ピンチ特性の戦術。
げきりゅう&ヤタピ発動後のハイドロポンプはH振りテッカグヤに対して ダメージ 178〜211 の乱数1発 (25%)となる。
またみずしゅりけんの一発の威力は15×1.5×1.5×タイプ一致で約50にまで跳ね上がる。
ニ発ヒットは確定なので、特性以外では無効化されない威力100以上の先制技の完成。
ただしフルヒットしても単純な威力はねっとう以下であることには注意。


ステータス・指数

Lv50の実数値

Lv50の実数値
ステータスHP攻撃防御特攻特防素早
全振(+)----161130170135191
全振179147119155123174
無振1471158712391142
無振(-)----1037811081127

Lv50の素早さ実数値

Lv50の素早さ実数値
ランク補正-2-1+0+1+2
最速95127191286382
準速87116174261348
無振7194142213284
無振(-)6384127190254
最遅5776114171228

耐久指数

耐久指数
無振り
-補正
無振り
無補正
H252
無補正
BD252
無補正
全振り
+補正
物理耐久1146612789155731749323270
特殊耐久1190713377162891808124165
オボン物理耐久1427415921194012177728990
オボン特殊耐久1482316653202932250930105
輝石物理耐久1719919110232702616634905
輝石特殊耐久1778719992243442704836158

※オボンはHPを1.25倍,輝石は防御を1.5倍にして計算


タグ: ノート