シルヴァディ/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

シルヴァディ/ノート



議論・提案スペース


メモリ考察

本ページ通りメモリの有用性には疑問が残る。
あえて使うならば、選出画面ではタイプを見抜かれず、ノーマル前提の選出を誘いやすいことを活かしたい。
詳しくは下記のメモリ型に委ねるが、持ち物なしのハンデは非常に厳しく、こうした情報アドバンテージを織り混ぜての運用でなければ有用性が見出だせない。
なお、場に出たシルヴァディのタイプはワンタッチで確認されるため、18色のトサカと対応するタイプを覚える必要は特にない。
似た色のメモリで相手を撹乱するといったこともできないので、情報の秘匿は選出画面に限られる。

メモリ別考察(比較的運用しやすいと思われるタイプは赤字で表記)

ほのお
火傷無効。同タイプで補完に優れるこおり・でんき・くさ技をめざめるパワー以外で覚えるポケモンは少ない。
シルヴァディのれいとうビーム>メガリザードンYのめざめるパワー氷。とんぼがえりなどの小技も豊富。
みず
みず単タイプは競争率が高い。交代技を持つ点は魅力だが強烈なライバルが非常に多く、持ち物なしのデメリットを甘受してまで使う意義があるかは疑問。
でんき
麻痺無効。電気タイプの多くはとんぼがえりをボルトチェンジで代用できる(物理と特殊・地面に無効か否かの差異はある)。
くさ
粉技・やどりぎ無効でありそれらを扱うポケモンの多くにほのお技が有効なため対策として一考の余地あり。しかし弱点が多く攻撃にも不向きなタイプなため、デメリットのほうが圧倒的に多い。
こおり
こおり状態・ぜったいれいど無効。耐性が劣悪過ぎるうえ、4倍相手への役割破壊なら不一致れいとうビームで十分なため採用意義はほぼない。
かくとう
超火力のフェアリー・ひこう・エスパーが台頭している現状での運用は厳しい。耐性が乏しいため素早さに振っての運用が理想だが差別化も難しく、物理一本ならオコリザル、両刀だとフェローチェが存在する。
どく
毒無効だが、それだけなら耐性が似ていてより豊富である「はがね」を選んだほうが無難か。攻撃範囲もかなり狭い。
じめん
電気無効によるボルトチェンジ・でんじは耐性。耐性は多くないが電気タイプが台頭する現環境では一考の余地あり。
ただし、くさむすびの威力が100なのが痛い。
ひこう
じめん無効によりこだわりアイテムの所持率の高い地面タイプの動きを縛れる。
うまく選出誘導できれば役立つメリットだが、トルネロスの存在は気がかり(一応こちらはH252メガボーマンダを乱1にできる他、なみのり等も覚えられる)。
エスパー
耐性が少ないうえに高耐久のエスパータイプはそれこそ多数存在するため、差別化も厳しい。
むし
攻撃範囲が劣悪で耐性も中途半端。採用する明確なメリットに欠ける。
いわ
弱点が多すぎる上にメジャー、攻撃面はまずまずだがデメリットのほうが多い。
ゴースト
通常シルヴァディ(ノーマル)意識で出て来る格闘に強くなる。
攻撃面も優秀でサブウェポンにより他の高耐久単ゴーストに比べて小回りが利くが、のろい・おにびなどは使えない。
ドラゴン
耐性はまずまずだが、苦手なフェアリーの多い現環境ではデメリットが強くなりがち。高耐久・広攻撃範囲のヌメルゴンがライバル。
りゅうせいぐんを覚えるため単純な一致火力は各種メモリ型では最大だが、その他のドラゴンも使えることを考えると大したメリットではない。
あく
いたずらごころ無効、一貫性の高いあく・ゴースト技に耐性がある一方、ドラゴンと同様今の環境ではデメリットが強くなりがち。
実質持ち物なしの都合上アローラペルシアンとの差別化が非常に厳しい。
はがね
耐性の豊富さではトップ。貴重な単鋼タイプであり、サブウェポンにより差別化もしやすい。
攻撃面は無効こそ無いが弱点をつける範囲は狭め。
フェアリー
弱点が少ない。フェアリーとしては貴重な鋼への有効打であるかえんほうしゃを覚える点もポイント。

型考察

メモリ型

性格:いじっぱり/ようき/ひかえめ/おくびょう
努力値:AS
持ち物:必要なタイプのメモリ
優先技:マルチアタック/かえんほうしゃorねっぷう/れいとうビーム/10まんボルト
選択技:かみくだく/アイアンヘッド/とんぼがえり/ニトロチャージ/すてゼリフ/つるぎのまい/でんじは/どくどく

メモリを持たせて任意のタイプにする型。
選出の段階ではタイプがわからず、相手は基本的にノーマルと思い込むことが多いので、
メモリを持たせることで算段を狂わせることができる。

A無補正マルチアタックの火力指数は19845しかなく、火力不足は深刻。
メモリの採用理由は、マルチアタックで攻撃できるタイプの変更ではなく、『ノーマル以外の単タイプになれる』という耐性の面を重視すべき。
「必要なタイプのメモリ」という投げっぱなしな考察ではなく、具体的は「○○メモリを持たせると××というポケモンに有利になる」という記述が欲しい。
↑これから少しずつ書いていきます。
もっとも、それぞれのタイプにおいてより適任なポケモンが存在するのが実情であり、上記にある情報アドバンテージの活用が差別化の鍵となるか。

物理型の場合タイプ一致のメインウェポンとなるマルチアタックの優先度は高いが、上述の通り「耐性重視」での各種メモリ採用が基本。
特殊型ならタイプ一致で同威力のかえんほうしゃなども使えるため、必ずしもマルチアタックを採用する必要性はない。


タグ: ノート