スピアー/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

スピアー/ノート



議論・提案スペース

雑記にあるこの型(少し改変)だが、メガスピアーやペンドラーとは差別化できていると思う。
本ページに載せられるかどうか意見を求む。
↑技で差別化、というだけならがむしゃら・とんぼ・おいかぜを全てないしいくつか覚えるポケモンは非常に多い。
全部覚えるヤツに限ればドーブルとかもだけど、特に厳しいのはムクホークエルフーンかな。
前者はいかくサポートも出来るし後者はいたずらごころ持ち。タスキで耐える前提ならタイプの違いも差別化要因にはならない
サポート型はむしろ強烈な競合相手を増やすことになるので、メガ偽装をできるという奇をてらう部分以外で優位性はない。
あとははたきおとすと必中どくどくぐらいだけど、この型は基本的においかぜ→がむしゃらの動きしかしないから有用性は薄い。
よって残念ながら本ページに乗せるほどの価値はなく雑記での保管が妥当。
ちなみにむしのしらせが発動しても虫技は通りが悪いし、A特化しらせシザークロスの威力はA252ムクホークのブレバ以下の威力なので、攻撃面でも優位性はやはりない。


型考察

おいかぜがむしゃらサポート型

特性:むしのしらせ
性格:ようき/いじっぱり
努力値:A252 S252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:おいかぜ/がむしゃら/シザークロスorとんぼがえり
選択攻撃技:どくづき/とどめばり/はたきおとす/ドリルライナー
選択補助技:どくびし/つるぎのまい

タスキで耐えておいかぜで味方をサポートする型。
タスキを利用しておいかぜを行い、削れたHPであいてのHPを1にするか、
むしのしらせ発動で火力UPを狙って攻撃するか、
威力の上がったとんぼがえりで撤退する。

がむしゃら→とどめばり というコンボもあるが、とどめばりを当てられるタイミングが全くない。
おいかぜ後に先制がむしゃらで相手のHPを1にしても、そのターンに倒される。素のスピアーに相手を一撃で落とせるだけの火力もない。
どうしても当てたいなら他のポケモンで削る必要となるため、はっきり言って成功率は低く、大してリターンが得られるわけでもないので実用性は低い。


タグ: ノート