ゾロアーク - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ゾロアーク

No.571 タイプ:あく
特性:イリュージョン(控えのポケモンに化ける)
体重:81.1kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ゾロアーク601056012060105510イリュージョン

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう/むし/フェアリー
いまひとつ(1/2)ゴースト/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

あくタイプの高速アタッカー。物理・特殊共に火力は高めだが耐久は低水準。
固有特性「イリュージョン」により自身を別のポケモンに見せかけるハッタリ戦術が可能なポケモン。
これを活用することで特定の行動を釣り出したり、都合の悪い行動を牽制することができる。

第七世代ではミミッキュウツロイドなどイリュージョン先に相性のよいポケモンが増えた。
見せ合いの段階でカプ・テテフのこだわりサイコキネシスを牽制できるのも評価点。
また、新要素Zワザとの相性の良さも見逃せない。技の威力が低いゾロアークにとって瞬間火力の上昇は非常にありがたい。
「イリュージョン」で相手の動きを撹乱しつつ積み技を使い、超火力のZワザでサイクルを崩しにかかることが可能となったため、突破力が大きく向上した。
いたずらごころあくタイプに無効となったため自身のみならず味方ポケモンへの変化技も牽制できる等、着実に強化されている。

一方で相手のZワザも苦手であり、本物であってもゾロアークであっても問題なく倒せる超火力を持たれては駆け引きが機能しなくなる。
苦手なフェアリーが大きく数を増やしたことで動きづらくなった側面もあるため、きあいのタスキの採用価値も今まで以上に上がっている。

Zワザの仕様が特殊であり、発動するとイリュージョンが解除されることに注意。
とはいえ、イリュージョンは場に出た最初の1、2ターンの間相手を撹乱できれば十分(基本的にゾロアークが行動するか攻撃を受ければすぐにバレる)。
技構成もイリュージョン先に似せて終盤まで偽装を続けるプレイングを狙う場合以外はさほど支障はでない。

また、イリュージョンが解除されていない状態でどく・まひなどの状態異常にかかると、
相手のパーティー選出画面で「ゾロアークに状態異常マークが付いている」ことが分かってしまうという、やや致命的な仕様もある。
おにび・でんじは・どくどくなど、直接イリュージョンが解除されない各種状態異常技を受けても注意が必要。

ヘドロばくだんゾロアークについて
本来覚えることのできない「ヘドロばくだん」を覚えたゾロアークがORAS北米版でかつて配信されていた。
レベル50、ハイパーボール入り、カロスマークつき。通常のレーティングバトルに参加可能。
覚えている技は「ヘドロばくだん/かえんほうしゃ/あくのはどう/ふいうち」
ヘドロばくだんを搭載するメリットは以下の通り。
  • メインの悪技との補完に優れ、フェアリーへの有効打になる。
  • ゾロアークはゲンガーに化けると補完しやすく、ヘドロばくだんでさらに偽装しやすい。

過去の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察

イリュージョンの仕様
  • 場に出す時点で手持ちの一番後ろにいる瀕死でないポケモンの姿・鳴き声・名前(ニックネーム含む)・性別・ボールをコピーする。
    • ゾロアーク自身が手持ちの一番後ろにいる状況で場に出すと特性が発動しない。
  • 化ける対象が色違いポケモンの場合、化けたゾロアークも色違いになる。
    • ゾロアーク自身が色違いであるかどうかは関係ない。
  • 技・タイプ・ステータス・持ち物・特性・レベル表示・残りHP表示・状態異常表示はコピーしない。登場時の文章もなし。
  • 体重もコピーしない。けたぐりなど体重に関わる技は、ゾロアーク元来の体重(81.1kg)で計算される。
  • 攻撃されると解除される。
    • 変化技・状態異常・天候・技の反動・特性や持ち物によるダメージでは解除されない。
  • 混乱による自分への攻撃では解除されない。
  • いえき・ミイラなどで特性が変化すると解除される。ただしスキルスワップで入れ替えることはできない。
  • かたやぶりでは解除されない。
  • 相手のトレース・かわりものが発動しない。
  • イリュージョン発動中は相手のへんしんが失敗する。
  • みがわりが攻撃を受けてもイリュージョンは解除されない。
  • メガシンカ後のポケモンにも化けられる。
    • 例として先頭のポケモンがメガシンカ後に3番目のポケモンと交代、そこから交代で2番目のゾロアークを出せばメガシンカポケモンに化けて出る。
  • おきみやげを使って自主退場した場合、イリュージョンが解除されないまま瀕死になる。
    • 倒れるモーションも化けているポケモンと同じになる。
    • 使い方によっては相手にゾロアークであることが全く見抜かれないまま退場することが可能。
  • マルチでは手持ちの配置が変えられないため、任意のポケモンに変身できない。
  • イリュージョン中のポケモンがZワザを使用すると、発動前にイリュージョンが解除される。
  • 対戦の待機中にアナウンスされるポケモンのタイプ情報も、相手側にはイリュージョン先のポケモンのデータがしっかり反映される[1]のでバレる心配はない。
イリュージョンの使い方
  • 基本的にエスパー弱点・無効タイプ持ち・積みからの全抜きが狙えるポケモン辺りが化ける有力候補。
    具体的には、ゲンガーバシャーモと組み合わせるのがベター。
    • 毒タイプや格闘タイプに化けて、エスパーを誘い悪技で倒す。
    • エスパータイプや草タイプに化けて、鋼(特に炎4倍弱点)を誘いかえんほうしゃで倒す。
    • ゴーストタイプに化けて、弱点の格闘技や虫技を牽制する。

もっとも、700種以上のあらゆるポケモンに化けられるので、応用の幅はここに書き切れない程広い。
さらに言えばゾロアークを選出しなくても相手の初手を縛れるという利点まである。
ただしプレッシャーやかたやぶりなど「登場時にアナウンスが出る特性」はアナウンスが表示されないため、
これらの特性しか持たないポケモンにイリュージョンすると即座に見抜かれてしまうので注意。
またトレース持ちポリゴン2サーナイトと対峙した際、相手はトレースが発動しないことからこちらがゾロアークであると見抜けるが、
こちらは相手がトレースなのかその他の特性なのか判別できず、見抜かれているかどうかすら判断できない。
相性も悪いので、相手が持ってたら選出時には一考すること。
ナイトバーストは専用技[2]故にイリュージョンがバレるので注意。
ただし、あくのはどうでもダメージ量でバレることが多いので好みで良いだろう。


技考察

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ナイトバースト85(127)95命中↓40%タイプ一致技。自身とルナアーラのみの準専用技。
性能優秀だが、イリュージョンとの相性は悪い。
あくのはどう80(120)100怯み20%命中率や、イリュージョンとの相性を重視するなら。怯みも狙える。
きあいだま12070特防↓10%対悪。ノーマルや岩などにも抜群。炎やゴーストに化けて誘い出す。
かえんほうしゃ90100火傷10%草や虫、鋼に抜群。草やエスパーに化けて誘い出す。
くさむすび20~120100-水や地面に抜群。炎や電気に化けて誘い出す。
めざめるパワー-60100-4倍狙いで氷など。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
じごくづき80(120)100音技封じタイプ一致技。性能安定。
はたきおとす65(97)/
97(135)
100道具排除タイプ一致技。追加効果が優秀だが、メガストーン・Zクリスタルには無効。
おいうち40(60)/
80(120)
100-タイプ一致技。相手交代で威力倍増。流し性能が高いポケモンに化けるなら。
ふいうち70(105)100優先度+1タイプ一致技。読みが要るが高威力の先制技。
けたぐり20~120100-対悪。ノーマルや岩などにも抜群。炎やゴーストに化けて誘い出す。
カウンター-100優先度-5タスキとあわせて。防御が低いポケモンに化けるなら。
とんぼがえり70100自分交代対悪。攻撃しつつ撤退。流し性能が高いポケモンに化けるなら。
変化技タイプ命中備考
ちょうはつ100補助技対策。先発サポート型に。
わるだくみ-特攻を強化。イリュージョンで積む隙を作る。
つるぎのまい-攻撃を強化。イリュージョンで積む隙を作る。
おきみやげ100起点作りに。Zワザ化で後続のHP全回復。
トリック100こだわりアイテムとあわせて。奇襲性が高い。
みがわり-様子見に。イリュージョンと相性が良い。

Zワザ考察

特記なければ無補正C252振りで計算

Zワザ元にする技威力解説
ブラックホールイクリプスナイトバースト
あくのはどう
160(240)H252ギルガルドを確1。H252クレセリアを乱1(50%)
悪巧み1回でH252ナットレイテッカグヤを共に確1。H252しんかのきせきポリゴン2を乱1(62.5%)
悪巧み2回でH252カプ・レヒレを低乱1(25%)。
ぜんりょくむそうげきれつけんきあいだま190H252メガバンギラス確1。H252しんかのきせきポリゴン2は確2。
ブルームシャインエクストラくさむすび160専用Zに一貫性・威力共に劣る。
ダイナミックフルフレイムかえんほうしゃ175H252カプ・ブルルを確1。
アシッドポイズンデリートヘドロばくだん175H252チョッキカプ・ブルル、H252カプ・レヒレを低乱1(12.5%)。

型考察

特殊アタッカー型

性格:おくびょう/せっかち/むじゃき
努力値:CS252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/アクZ
確定技:ナイトバーストorあくのはどう/きあいだまorかえんほうしゃ(両立可)
選択攻撃技:くさむすび/めざめるパワー(氷)/カウンター/ふいうち/とんぼがえり
選択補助技:みがわり/わるだくみ/ちょうはつ

主にゾロアークの弱点の技を半減・無効化するポケモンに化けて、その隙に積んだり攻撃をする。
耐久が低く一致等倍でも結構なダメージを受けるので、相手の行動の見極めが重要。

持ち物無しの無補正C252振りナイトバーストでH252振りギルガルド(シールドフォルム)を58.6%〜69.4%削る。
もう一発当てれば勝てるが、相手もかげうちを持っていることがほとんどなのでふいうちとキングシールドで択となる。
そのうえ読み勝ってふいうちをあててもダメージは35.9%〜43.1%なので、乱数が絡むことに留意。
Zナイトバースト(Zあくのはどう)を使うことで確1にできるので、ギルガルドにタイマンで勝つことも視野に入れるならアクZの採用も視野に入る

Zワザ考察を見るとわかるがZナイトバーストは無効化されず一貫性が非常に高いため、わるだくみと合わせることで大抵のポケモンは突破できる。
乱数が絡むポケモンも定数ダメージ込みで確定となるため、初手に起点作り役を置いて自主退場技を使い、最後のポケモンに偽装しつつ中盤から登用するのも手といえる。

物理アタッカー型

性格:ようき/せっかち/むじゃき
努力値:AS252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/こだわりハチマキ
確定技:じごくづきorはたきおとすorふいうち(両立可)/けたぐり
選択攻撃技:とんぼがえり/カウンター/かえんほうしゃ
選択補助技:つるぎのまい/みきり/ちょうはつ/みがわり/おきみやげ/トリック

基本的にはイリュージョンを利用して積み、ふいうちで抜いていく流れを理想とする。
こだわりハチマキを持った場合はとんぼがえりで削ってふいうちで止めを刺していくといった動きを狙える。
候補に入れたみきりはつるぎのまいを使ったゾロアークをねこだましで仕留めようとしてくるメガガルーラに対して
みきりでねこだましを凌いで次手でけたぐりを叩き込むためのもの。

使用感

記述者はふいうち/けたぐり/つるぎのまい/みきり@タスキ、ふいうち/けたぐり/とんぼがえり/トリック@ハチマキの2体を使用。
どちらもそれなりに強く、悪・闘の範囲はフェアリーの存在は気になるものの優秀だと感じた。

かえんほうしゃは防御が高くゾロアークの物理技では弱点を突く事もできないハッサムクチートへの有効打として。
物理型ではあるが採用が見込めるかもしれないので一応記述。本人は未使用なため不要と思わしい場合は削除して下さい。


対ゾロアーク

注意すべき点
専用特性イリュージョンによる牽制・奇襲。
相性補完に優れるゲンガーや、積みアタッカーに化けて撹乱してくる。
エスパーやゴーストを呼んでナイトバースト、物理技を誘ってカウンター、エスパー技を誘って無効化。
対策方法
イリュージョンの性質上ほとんど先発で使用されるので、こちらも悪や炎、格闘技に強いポケモンを先発させる。
フェアリーへの有効打に乏しい。ミミッキュならヘドロばくだんでも弱点を突かれない。
トレース持ちのサーナイトポリゴン2はイリュージョンを容易に見抜けるうえ、相性的にも問題なく対処できる。

覚える技

レベルアップ

5th
~SM
威力命中タイプ分類PP備考
ゾロアゾロアーク
-1*つじぎり70100あく物理15*SM以降
-1*ナイトバースト8595あく特殊10*XY以降
-1*ふういん--エスパー変化10*XY以降
-1とんぼがえり70100むし物理20
11ひっかく40100ノーマル物理35
11にらみつける-100ノーマル変化30
-1おいうち40100あく物理20
-1つめとぎ--あく変化15
55おいうち40100あく物理20
9-うそなき-100あく変化20
-9つめとぎ--あく変化15
1313みだれひっかき1880ノーマル物理15
1717だましうち60-あく物理20
2121こわいかお-100ノーマル変化10
2525ちょうはつ-100あく変化20
2929イカサマ95100あく物理15
-30※つじぎり70100あく物理15
3334いちゃもん-100あく変化15
3739こうそくいどう--エスパー変化30
4144さしおさえ-100変化あく15
4549おしおき-100あく物理5
4954わるだくみ--あく変化20
5359ふういん--エスパー変化10
5764ナイトバースト8595あく特殊10

※SMでは進化したときに覚える。

技マシン

No.威力命中タイプ分類PP備考
技04めいそう--エスパー変化20
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技35かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技47ローキック65100かくとう物理20
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技56なげつける-100あく物理10
技63さしおさえ-100あく変化15
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技95バークアウト5595あく特殊15
技97あくのはどう80100あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15Lv
技28あなをほる80100じめん物理10
技59やきつくす60100ほのお特殊15
技67かたきうち70100ノーマル物理5
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘06いわくだき40100かくとう物理15

タマゴ技

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
あくのはどう80100あく特殊15技97
おきみやげ-100あく変化10
カウンター-100かくとう物理20
じんつうりき80100エスパー特殊20
ふいうち70100あく物理5
みきり--かくとう変化5
ゆうわく-100ノーマル変化20
よこどり--あく変化10教え
まねっこ--ノーマル変化20

教え技

5th6th威力命中タイプ分類PP備考
ほしがる60100ノーマル物理25
とびはねる8585ひこう物理5
さわぐ90100ノーマル特殊10
けたぐり-100かくとう物理20
ハイパーボイス90100ノーマル特殊10
イカサマ95100あく物理15Lv
いびき50100ノーマル特殊15
はたきおとす65100あく物理20
うらみ-100ゴースト変化10
トリック-100エスパー変化10
よこどり--あく変化10タマゴ
あくのはどう80100あく特殊15タマゴ/技97
ねごと--ノーマル変化10技88

遺伝

タマゴグループ陸上
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=7:1
進化条件ゾロア(Lv.30)→ゾロアーク
経験値Lv.50 = 117,360
Lv.100 = 1,059,860

遺伝経路

すべてドーブルでOK。

あくのはどう自力習得:(技マシン97)
おきみやげレベル技:スカタンク系統
カウンターレベル技:ケッキング系統・ルカリオルガルガン(夜)バンバドロ系統
じんつうりきレベル技:ロコンロコン(アローラ)コノハナ
ふいうちレベル技:ラッタ系統・ラッタ(アローラ)系統・ダグトリオ系統・ダグトリオ(アローラ)オオタチ系統・グラエナ系統・クチートパッチールカクレオンアブソルニャルマースカタンク系統・レパルダス系統・トリミアンニャオニクス♂・ネッコアラ
みきりレベル技:ザングースアブソルルカリオミルホッグ系統・コジョンド系統
ゆうわくレベル技:ニドラン♂・ニドリーノロコンロコン(アローラ)ペルシアン系統・ペルシアン(アローラ)系統・オドシシエネコブニャット系統・チョロネコチラーミィアシレーヌ系統
よこどりレベル技:マニューラ系統・レパルダス系統・クイタラン
自力習得:(ORAS教え技)
まねっこレベル技:エネコパッチール


[1] 自分側では「イリュージョン先ポケモン名:ゾロアークのタイプ」となっているが、相手側では「イリュージョン先ポケモン名:イリュージョン先ポケモンのタイプ」と表示されている
[2] レートに限った場合。禁伝のルナアーラも覚える。