テッカニン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

テッカニン

No.291 タイプ:むし/ひこう
通常特性:かそく(毎ターン素早さが1段階上がる)※ツチニンのとき「ふくがん」
隠れ特性:すりぬけ(リフレクター・ひかりのかべ・しんぴのまもり・しろいきり・みがわりを無視して攻撃できる)※ツチニンのとき「にげあし」
体重  :12.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
かそくバトンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
テッカニン6190455050160456かそく/すりぬけ
ペンドラー60100895569112485どくのトゲ/むしのしらせ/かそく
バシャーモ80120701107080530もうか/かそく
メガバシャーモ1608013080100630かそく

ばつぐん(4倍)いわ
ばつぐん(2倍)ほのお/でんき/こおり/ひこう
いまひとつ(1/2)むし
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう
こうかなしじめん

第三世代出身の「むし×ひこう」複合タイプにして、圧倒的な素早さ種族値を誇るポケモン。
禁止級のデオキシスSFを除き全ポケモン中最速であり、積み技やこだわりスカーフ持ちをも軽く抜き去る。
加えて特性「かそく」を持つため、素早さに関しては右に出る者は居ない。
自身で活かすのはもちろん、バトンタッチで後続アタッカーの抜き性能を高めることも可能。
かそく」が専用特性だった初登場時より、「かそく」+バトンタッチはテッカニンの代名詞として定着している。

しかし、現在ではより強力なかそくバトンの使い手としてバシャーモペンドラーが登場している。
これらとは火力や耐久、積み技のバリエーションや汎用性で大きく差をつけられており、バトンタッチをアイデンティティとした運用は厳しくなった。
ひこうタイプなのでフィールド効果の恩恵を受けられず、先制技や状態異常に弱いのも難点。
一方で他のかそく持ちより速く一致弱点を突けることから、かそくメタとしての性能は高い。
例として、準速・Sランク+1のテッカニン(実数値318)で準速・Sランク+2のメガバシャーモ(実数値304)に先制できる。

攻撃技のレパートリーは少ないが、高い素早さと相性が良いとんぼがえりやいのちがけを覚える。
また、第七世代ではZクリスタルの登場により、あなをほるを一度だけ溜め無しで撃てるようになった。
これによりメガゲンガーカプ・コケコ等の130族にも先手で弱点を突いて落とせる。
しかし、耐久が非常に低いテッカニンにとってまもるを貫通する仕様は痛い。非常に素早いので相手のZワザを回避するためにあなをほるを素撃ちすることも十分考えられる。ひこうタイプなのでじしんは無効であり、加速バトンやいのちがけもあるので交代先にもある程度対応しやすい。
むしタイプの俊足アタッカーとしてはフェローチェの存在が気がかりだが、独自の利点を活かして立ち回りたい。


過去の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察

かそく
テッカニンの要。素早さインフレの激しい現環境における採用価値は高い。
他のかそく持ちや天候エースにも先手を取れるものの、先制技には注意。
すりぬけ
隠れ特性。アタッカー型なら一考。まもる読みのみがわり・リフレクターを貫通できる。
つるぎのまいとあわせれば高い攻撃性能を得られる。

技考察

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
きゅうけつ80(120)100HP吸収タイプ一致技。回復効果付きだが、いのちがけのHP確保には厳しい。
とんぼがえり70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退。不利対面回避に。
つばめがえし60(90)必中-タイプ一致技。唯一の物理飛行技。
アクロバットやそらをとぶは覚えない。
すてみタックル120100反動1/3第3世代教え技。一致技と同等以上の威力だが反動が痛い。
つじぎり70100急所ランク+1対ゴースト。鋼にも等倍。
あなをほる80100溜め攻撃対炎・電気・毒・岩・鋼。Zクリスタルとあわせて。ツチニン時のレベル技/過去作技マシン限定。
いのちがけ-100自分瀕死最大168ダメージ(4振りサザンドラまで)。
先制技に注意。ゴーストには無効。
Z化で威力180の攻撃技になるが特殊技なので実用性に乏しい。
変化技タイプ命中備考
まもる-様子見や、かそくの発動に。Zワザに注意。
みがわり-補助技対策や、かそくの発動に。音技や連続技に注意。
バトンタッチ-かそくや積み技、みがわりとあわせて。
つるぎのまい-攻撃を強化。抜き性能の向上に。自身にもバトンにも有用。
つめとぎ-攻撃・命中率補強。自身には活かしにくい。主にバトン用。
かげぶんしん-回避率補強。重ねがけしないと効果は薄い。主にバトン用。
にほんばれ-天候始動・上書きに。あまごいは覚えない。
いばる85妨害技。みがわりとあわせて。
こらえる-相手依存だがじゃくてんほけんを発動させつつかそくできる場合がある。
自身の強化はつるぎのまいで十分なため、バトン用。

Zワザ考察

Zワザ元にする技威力解説
ぜったいほしょくかいてんざんきゅうけつ160(240)A特化で無振りカプ・テテフを確1。※無補正A振りだと中乱1。
ファイナルダイブクラッシュつばめがえし120(180)無補正A振りでH振りメガバシャーモを確1。
ウルトラダッシュアタックすてみタックル190反動無し。無補正A振り+舞でH振りヒートロトムを確1。
ギガインパクト200デメリット無し・必中。A特化で無振りメガサーナイトを中乱1。
ブラックホールイクリプスつじぎり140A特化でH振りメガゲンガーを高乱1。
ライジングランドオーバーあなをほる160溜め無し。無補正A振りで無振りメガルカリオを確1。
Zすなかけすなかけ-Zパワーで回避率ランク+1。

型考察

バトンタッチ型

特性:かそく
性格:ようき/いじっぱり/わんぱく
努力値:HBS調整 残りA
持ち物:きあいのタスキ/ひかりのこな/Zクリスタル
確定技:つるぎのまいorつめとぎ/みがわりorまもる/バトンタッチ
選択技:きゅうけつ/とんぼがえり/つばめがえし/いのちがけ/にほんばれ/かげぶんしん

かそくや積み技による能力上昇をバトンタッチする、テッカニンのメジャーな型。
バシャーモペンドラーには火力・耐久で劣るが、タイプの違いで差別化可能。
強力なストッパー性能を持つミミッキュに対し、とんぼがえりでばけのかわを剥ぎつつ撤退できるのも強み。

物理アタッカー型

特性:かそく/すりぬけ
性格:いじっぱり
努力値:A252 S調整 残り耐久
持ち物:いのちのたま/こだわりハチマキ/きあいのタスキ/ラムのみ/Zクリスタル
攻撃技:きゅうけつ/とんぼがえり/つばめがえし/いのちがけ/おんがえし/つじぎり/あなをほる
補助技:バトンタッチ/つるぎのまい/まもる

圧倒的な素早さとかそくにより、先制技以外ではまず抜かれない。
準速全振りでは素早さ140族抜きの初速度が出せる。
ゲッコウガフェローチェ等の速攻アタッカーや、ようりょくそ持ちを上から叩ける。

攻撃種族値、技の威力ともに低いので、持ち物やつるぎのまいで補強したい。
まもる読みで相手が攻撃してこないことも多く、舞うチャンスはある。
すりぬけならみがわりやリフレクターを張られても貫通できる。

補正有り持ち物無しA252振りとんぼがえりでゲッコウガ乱数1発(81.3%)。
きゅうけつなら補正無しでも確1。

晴れ始動型

特性:かそく/すりぬけ
性格:ようき
努力値:S252 HA調整
持ち物:あついいわ
確定技:にほんばれ/バトンタッチorとんぼがえりorいのちがけ(複数両立可)
選択技:きゅうけつ/つばめがえし/むしくい/まもる

ちょうはつに妨害されにくい始動役。いたずらごころには注意。
使用後はバトンタッチやいのちがけで撤退できる。


対テッカニン

注意すべき点
圧倒的素早さと特性かそくにより、先手を取られるのは必至。
バトンタッチやとんぼがえりで撤退されると仕留めるのは困難。
いのちがけやZワザで思わぬダメージを受けることも。
対策方法
一致技半減の鋼タイプや、いのちがけ無効のゴーストタイプ。
かそくを発動されても、先制技やいたずらごころ持ちなら抜かれない。
バトン対策にはほえる・くろいきり・のろい等が有効。

覚える技

レベルアップ

3rd
~XY
OASM威力命中タイプ分類PP備考
ツチニンテッカニンツチニンテッカニンツチニンテッカニン
-----1かげぶんしん--ノーマル変化15
-----1れんぞくぎり4095むし物理20
-----1いやなおと-85ノーマル変化40
-1*-1-1むしくい60100むし物理20*DP以降
111111ひっかく40100ノーマル物理35
111111かたくなる--ノーマル変化30
-1-1--きゅうけつ80100むし物理10
-----1すいとる20100くさ特殊25
-1-1-1すなかけ-100じめん変化15
5555--きゅうけつ80100むし物理10
----55すいとる20100くさ特殊25
999999すなかけ-100じめん変化15
141413131313みだれひっかき1880ノーマル物理15
31-17-17-どろかけ20100じめん特殊10
-38-17-17こうそくいどう--エスパー変化30
38-21-21-メタルクロー5095はがね物理35
-20-20-かげぶんしん--ノーマル変化15
-20-20-れんぞくぎり4095むし物理20
-20-20-いやなおと-85ノーマル変化40
-31-23-23きりさく70100ノーマル物理20
191925292529こころのめ--ノーマル変化5
--29-29-がまん--ノーマル物理10
25-33-33-みねうち40100ノーマル物理40
-45-35-35バトンタッチ--ノーマル変化40
45-37-37-あなをほる80100じめん物理10
-25-41-41つるぎのまい--ノーマル変化20
-52*-47-47シザークロス80100むし物理15*DP以降

※進化したときに覚える。

技マシン

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技19はねやすめ--ひこう変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技28きゅうけつ80100むし物理10
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技37すなあらし--いわ変化10
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理10
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技54みねうち40100ノーマル物理40
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技81シザークロス80100むし物理15
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技28あなをほる80100じめん物理10ツチニン:Lv
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技76むしのていこう50100むし特殊20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
第4世代まで
技19ギガドレイン75100くさ特殊10教え
技58こらえる--ノーマル変化10タマゴ
技62ぎんいろのかぜ60100むし特殊5タマゴ
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05きりばらい--ひこう変化15

タマゴ技

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
こらえる--ノーマル変化10
だましうち60-あく物理20
かぜおこし40100ひこう特殊35
ぎんいろのかぜ60100むし特殊54th技マシン
むしのさざめき90100むし特殊10
つじぎり70100あく物理15
むしくい60100むし物理20Lv
いのちがけ-100かくとう特殊5

教え技

3rd4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15
うらみ-100ゴースト変化10
さわぐ90100ノーマル特殊10
HSむしくい60100むし物理20Lv
ギガドレイン75100くさ特殊10
FL/Emつるぎのまい--ノーマル変化20Lv/技75
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね-100ノーマル変化10
みがわり--ノーマル変化10技90
Emこらえる--ノーマル変化10タマゴ/4th:技58
Emどろかけ20100じめん特殊10
E/XDいばる-85ノーマル変化15技87
Emねごと--ノーマル変化10技88
Emスピードスター60-ノーマル特殊20
Emれんぞくぎり4095むし物理20Lv
あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
エアカッター6095ひこう特殊25
HSいとをはく-95むし変化40
はねやすめ--ひこう変化10技19

遺伝

タマゴグループむしグループ
孵化歩数4080歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2295歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件L20でテッカニン
分岐進化ヌケニン
経験値Lv.50 = 125,000
Lv.100 = 600,000

遺伝経路

習得方法覚える系統
こらえるレベルヘラクロス/クルミル/カブルモ
旧自力4th:技58
だましうちレベルナックラー(Lv.17)/グライガー(Lv.23)など
つじぎりレベルストライク/ハッサム/ヘラクロス/コロトック/ドラピオン系統/メガヤンマ/グライオン
いのちがけレベルアギルダー系統
タマゴツボツボ