メブキジカ - ポケモン対戦考察まとめWiki|第六世代(XY・ORAS)

メブキジカ 節を編集

No.586 タイプ:ノーマル/くさ
通常特性:ようりょくそ(晴れの時に素早さ2倍になる)
     そうしょく(受けた草タイプの技を無効にし、攻撃が1段階上がる)
隠れ特性:てんのめぐみ(技の追加効果の発動率が2倍になる)
体重  :92.5kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
草/物理HP攻撃防御特攻特防素早特性
メブキジカ 8010070607095 葉緑素/草食/天の恵み
ゴーゴート12310062978168 草食/草の毛皮
リーフィア65110130606595 葉緑素/リーフガード

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/かくとう/どく/ひこう/むし
いまひとつ(1/2)みず/でんき/くさ/じめん
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

※特性「そうしょく」の場合、くさ無効


唯一の「ノーマル×くさ」の複合タイプを持つポケモン。
同族の草タイプの物理アタッカーの中では種族値的に見劣りしてしまうが、
捨て身タックルがタイプ一致で使える。草技自体の通りは悪く、捨て身をメインにできるので等倍範囲は同族より広め。
また、ゴーゴートは剣舞を覚えず、リーフィアは宿り木を覚えないので、差別化は容易。

季節によって4種類の姿があるが、能力には変化がない。
XY・ORASでは季節の概念が無く春の姿しか出現せず、姿の変化ができないが、季節の姿はタマゴ遺伝する為、過去作から送ってきたものを孵化すれば任意の姿で育成できる。

今作では草タイプに粉技無効になり、ようりょくそでも粉技に強くなったが
天候ターン制限や、しぜんのちからの仕様変更によりアタッカー型は弱体化。



技考察 節を編集

物理技威力命中タイプ効果備考
すてみタックル120(180)100反動1/3威力の高いメインウェポン。
おんがえし102(153)100-安定重視のメインウェポン。反動を気にするならこちら。
ウッドホーン75(112)100HP吸収反動で削れたHPを回復。
タネばくだん80(120)100-僅かだが威力が高い。非接触技でもある。
とびげり10095-ノーマル技との相性補完に優れる。
とびはねる8585麻痺30%やどりぎやたべのこしのターン稼ぎ。てんのめぐみ型の選択肢。
メガホーン12085-草に抜群だが、フシギバナやキノガッサには等倍。
いわくだき40100防御↓50%追加効果で擬似的に火力の底上げ。
ワイルドボルト90100反動1/4対飛行。鋼にも等倍。
だましうち60-必中霊に抜群だが、A特化しても確1にできる相手がいない。
ひみつのちから70(105)100麻痺30%てんのめぐみ型の選択肢。
変化技命中タイプ備考
やどりぎのタネ90耐久型は無謀。そうしょくでの流し際に撃てる程度。
くさぶえ55どうしようもない相手に。運を天に任せる。
こうごうせい-回復技。天候変化に注意。
でんじは100便利な妨害技。電気や地面は呼びにくい。
つるぎのまい-攻撃を補強。隙を見て積みたい。
こうそくいどう-素早さを強化。バトン用。
バトンタッチ-有用な積み技は上2つくらい。
しぜんのちから-対戦ではトライアタック。挑発で止まる。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:そうしょく
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/ラムのみ
確定技:ウッドホーンorタネばくだん/おんがえしorすてみタックル
攻撃技:メガホーン/ワイルドボルト/とびげり
補助技:やどりぎのタネ/つるぎのまい

基本的な物理型。後出しで草技を受け、流し際につるぎのまいを積めれば強力。
ウッドホーンがあれば、珠やすてみタックルの反動をある程度回復できる。

てんのめぐみ型 節を編集

特性:てんのめぐみ
性格:ようき/いじっぱり
努力値:HP・攻撃・素早さ調整
持ち物:たべのこし/いのちのたま/きあいのタスキ/ラムのみ
確定技:ひみつのちからorとびはねる
攻撃技:いわくだき/ウッドホーンorタネばくだん/おんがえしorすてみタックル/メガホーン/ワイルドボルト/とびげり
補助技:やどりぎのタネ/つるぎのまい/みがわり/いばる

てんのめぐみの対象は、ひみつのちからorとびはねるで60%マヒ、いわくだきで100%防御ダウンのみ。
ダメージを与えつつマヒにしてやどみが、いばみが等。
受動的なそうしょくに対し、てんのめぐみは能動的に発動できる。


対メブキジカ 節を編集

  • 注意すべき点
    攻撃範囲の広さが魅力の物理アタッカー。
    ノーマル・草の複合は一致技の一貫性が非常に高い。
    タイプ一致すてみタックルが強力。反動を受けてもウッドホーンで回復。
    サブもとびげり・メガホーン・ワイルドボルトと優秀なものがあり受け難い。
  • 対策方法
    格闘が抜群でない鋼タイプか草半減以下のゴーストタイプならほぼ受けられる。
    ようりょくそ型を警戒し天候変化技や先制技があればなお良い。
    何より例に漏れずはやてのつばさファイアローが強力なメタになる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

5th~6th威力命中タイプ分類PP備考
シキ
ジカ
メブ
キジカ
-1メガホーン12085むし物理10
11たいあたり50100ノーマル物理35
11ほごしょく--ノーマル変化20
-1なきごえ-100ノーマル変化40
-1すなかけ-100じめん変化15
44なきごえ-100ノーマル変化40
77すなかけ-100じめん変化15
1010にどげり30100かくとう物理30
1313やどりぎのタネ-90くさ変化10
1616だましうち60必中あく物理20
2020とっしん9085ノーマル物理20
2424とびげり10095かくとう物理10
2828アロマセラピー--くさ変化5
3232エナジーボール90100くさ特殊10
3636あまえる-100フェアリー変化20
-37ウッドホーン75100くさ物理10
4144しぜんのちから--ノーマル変化20
4652すてみタックル120100ノーマル物理15
5160ソーラービーム120100くさ特殊10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技53エナジーボール90100くさ特殊10
技67かたきうち70100ノーマル物理5
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技73でんじは-100でんき変化20
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-90ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技93ワイルドボルト90100でんき物理15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
技96しぜんのちから--ノーマル変化20
技100ないしょばなし--ノーマル変化15
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第5世代
技83ふるいたてる--ノーマル変化30

タマゴ技 節を編集

5th6th威力命中タイプ分類PP備考
うそなき-100あく変化20
かぎわける--ノーマル変化40
くさぶえ-55くさ変化15
こうごうせい--くさ変化5教え
こうそくいどう--エスパー変化30
しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
なやみのタネ-100くさ変化10教え
ねごと--ノーマル変化10技88
バトンタッチ--ノーマル変化40

教え技 節を編集

5th6th威力命中タイプ分類PP備考
いびき50100ノーマル特殊5
ギガドレイン75100くさ特殊10
こうごうせい--くさ変化5タマゴ
タネばくだん80100くさ物理15
とっておき140100ノーマル物理5
とびはねる8585ひこう物理5
なやみのタネ-100くさ変化10タマゴ
ねごと--ノーマル変化10技88

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件シキジカがLv34で進化

遺伝経路 節を編集

全てドーブルでOK。

うそなきリングマ系統・クチートゾロア
くさぶえリーフィア(Lv17)
こうごうせいORAS教え技・タネボーリーフィアゴーゴート系統
こうそくいどうピカチュウガーディギャロップ系統・カモネギサンダースエテボース系統・キリンリキニューラフローゼル系統・ミミロップ系統・ゼブライカ系統・ゾロアーク系統・エモンガホルード系統
しぜんのめぐみゴマゾウヤナップバオップヒヤップ
なやみのタネORAS教え技・ゴーゴート系統
バトンタッチイーブイオオタチ系統・エテボース系統・キリンリキクチートミミロップ系統・ミルホッグ系統